最新記事

目黒の不動産としてのマンションについての扱いは、マンションの管理組合が保全にあたっています。
建物の修繕や清掃、改装といったような建物の保存行為、管理行為を担っています。
そのほか、マンションに住んでいる人が快適に暮らすことができるような各種の取り決めを行っています。
取り決められている内容が、『管理規約』となっているものでもあります。
確かにマンションのそれぞれの部屋は購入した人のものになりますが、エレベーターや廊下、駐車場といった共用部分は、マンションに住んでいる全員のものであるのです。
修繕や改装などを行うためには、管理組合で議題にして話し合った上で決定することになります。
目黒の不動産としてのマンションの管理は、住んでいる人たちの総意によって行われるのです。