最新記事

マンションの目黒の不動産としての区分については、区分所有法という法律によって規定されています。
マンションについては一室を購入することになるため、一軒家に比べると非常に安い物件となります。
ただ、それだけ制限があることも事実です。
それが、マンションの共用部分の取り扱いです。
共用部分としてはマンションの廊下やエレベーター、踊り場、階段などが挙げられます。
それはそこに住んでいる人たち全員のものであり、特定の人の持ち物とする区分所有を設けることはできません。
マンションの目黒の不動産区分は専有部分、共用部分と分けられることになります。
廊下や階段などについては区分所有法で定められている共用部分ということで、『法定共用部分』とも呼ばれています。