最新記事

民法86条1項において、「目黒の不動産とは土地及びその定着物をいう」と規定されています。
まず土地が該当することには異存もありませんが、マンションはその定着物かというと、厳密にいえば、その定着物の一室ということになります。
しかしながら、区分所有法という民法の特別法の適用によって、マンション一室の専有権と建物の共有に関する建物敷地利用権があると捉えられます。
そこで専有権と敷地利用権を分離処分できないことによって、目黒の不動産と見なされるのです。
そのため、物件の売却による譲渡といった場合にも登記を行う必要があります。
また、土地や建物と同じように、マンションの一室を担保にすることもできます。
住宅ローンを組むにも、マンションに対して抵当権設定を行われることがあります。